fc2ブログ

Basic English入門188:186「彼女の転落は兆しが見えていた」

20210822193603544.jpeg


186「彼女の転落は、まだ学校にいる間からその兆しが見えていた。」

まずは私の愚案から。
I got a sign of her future fall from when she was still a school girl.
「兆しが見えていた」を見た話はせずにI got a sign 「兆しに気づいていた/きざしを掴んでいた」と聞き覚えのある表現を使ってみました。「転落」はとりあえずfallで言えると思い、futureを付けてsignと合わせて一本にしてみました。

では室先生のBasic訳例です。
「彼女の転落は、まだ学校にいる間からその兆しが見えていた。」
①Signs of her future fall were seen even when she was still at school.
②There were signs of her later fall as early as when she was still learning at school.
③Her fall of her later years were clearly seen
even when in her school days.
ナルホド、「兆し」はsignsと複数なんですね。 signsとかher future fallとか部分的に合っているものの、I got signsは使っていませんでした。いちおう通じると思いますが。

「その兆しが見えていた」
①Signs of … were seen
②There were signs of …
③… were clearly seen
ナルホドね。be seenと来ましたか。「見る」を使うんですね。
「転落の兆し」の部分は、いろいろあって
①Signs of her future fall
②signs of her later fall
③Her fall of her later years
「彼女の(後の)転落」の(後の)を補ってfuturesとかlater (years)を入れています。音読してみても、futureやlater yearsがあった方がリズミカルで自然な音調でいいですね。こういうちょっとした言葉の補いを自然とできるようになりたいものです。
fall「転落」について、室先生の注釈です。
「her fallはher later yearsによって『人生の転落』の意味に限定されます。そうでなければ『彼女が転倒したこと』とか『彼女が(崖や高い所から)落ちたこと』というような意味の可能性もでてきます。このように、一つの文中のそれぞれの語は相互に他の語の使用を制限し、ある意味(sense)に限定します。一つの語が表し得るいろいろな意味の可能性を削ぎ落としてその場に合った一つの可能性だけを残す働き、これを語と語の間のinter inanimation(相互無活作用)と言います。これは、一つの文中にとどまらず、ひとまとまりの文章の中でも起こり、また語と文、文と文の間にも起こることです。」
深いですね。そこまで考えていませんでした。まぁ、この辺は深掘りしなくてもいいでしょう。

「まだ学校にいる間から」
①even when she was still at school.
②as early as when she was still learning at school
③even when in her school days
「まだ〜の時から」
①③even when … (still) …
②as early as when … still …
ナルホドeven whenとかas early as whenと入れればよかったのか。うまい!evenやas early asを入れるだけでピタッときますね。室先生によれば、as early asを用いると「後の転落がもうこれはど早い時期に」のように強調した言い方になるそうです。この問題では少し強すぎるかもしれずevenで十分だ、とも言っています。
「まだ学校にいる(時/間)」の部分は、
①when she was still at school
②when she was still learning at school
③when in her school days
①②はshe was at schoolとschoolの前の前置詞はatなんですね。私はウッカリinとしてしまう所でした。schoolといえば単に場所ではなく、go to schoolのように、そこで従事する仕事自体も意味しますもんね。だからatか、シブいですね。at work(仕事中)、at war(戦争中)もそういう例ですね。②の場合はbe learningにしてますね。③はいっそのこと名詞化してher school days 、これもうまいですね。また、①②の「まだ」感を出すべく、stillがいい味出していますね。
ここまで自分の考えで書いておいて、室先生の注釈があったことに気づきました。後付けで一部重複しますが、室先生の説明も付記します。
「at schoolについて、schoolはgo to school(学校へ授業を受けに行く)、go to church (教会ヘ礼拝に行く)、 go to hospital (病院へ診療を受けに行く)のように、単にその場所ではなく、そこで行なわれる行為や機能まで含める慣用的な用法では冠詞をおとす。」
そうか、冠詞を落とすという大事なことに私は触れていませんでした。お粗末。

@@@@@@@@@
では次の宿題です。
187「彼が突然俳優として出現したので、みんな非常に驚いた。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

fogofenglish

Author:fogofenglish
自衛隊OBです。Basic Englishは基本単語850語だけで表現する英語の足腰を鍛えるコアトレです。自衛隊時代にPKOや日米共同訓練はBasicで乗り越えました。切れる英語です。退職後に英語やり直し中。 国際情勢のブログfog of warも覗いてみてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR