FC2ブログ

Basic English入門89: 087「困つた時はいつでも私のところへおいで」

087「困つた時には、いつでも迷わずに私のところへおいで下さい。」

まずは私の愚案から。
When you have a trouble, come to me at once.
「迷わず」をwithout hesitationとしたいところでしたがhesitationはBasic850語になさそうなのでat onceで似たような意味を持たせました。

では、室先生のBasic訳例です。
①When you are in trouble, come to see me straight away.
②Be certain to come to me to get my help [for my help], whenever you have got into trouble.
③Please do not be in doubt about coming to get my help whenever you come up against something troubling to you (troubling you).
①は私の愚案に近い例文ですが、②③は「へぇー」という感じの訳例ですね。

087「困つた時には、いつでも迷わずに私のところへおいで下さい。」
①When you are in trouble, come to see me straight away.
②Be certain to come to me to get my help [for my help], whenever you have got into trouble.
③Please do not be in doubt about coming to get my help whenever you come up against something troubling to you (troubling you).

087「困つた時には、いつでも迷わずに私のところへおいで下さい。」
①When you are in trouble, come to see me straight away.
②Be certain to come to me to get my help [for my help], whenever you have got into trouble.
③Please do not be in doubt about coming to get my help whenever you come up against something troubling to you (troubling you).

「困つた時にはいつでも迷わずに」
①When you are in trouble, ... straight away.
②Be certain to ...., whenever you have got into trouble、
③Please do not be in doubt about 〜ing whenever you come up against something troubling to you (troubling you)、
「」内の日本語をどこで切るか迷いましたが、語感を全体像の中で捉えた方がいいと考えて長めに捉えました。3者3様のBasicらしい表現ですね。
まず「〜な時はいつでも迷わずに」ですが、①は「〜な時には直ぐに」をstraight awayを末尾に付けて簡潔に表現しています。室先生曰く、このstraight awayは「①時間を浪費しないで、②精神的に気兼ねなどしないで、directlyに、③ ずっと先まで真っ直ぐに」などの意味があります。straight awayの代わりにWithout giving thought to unnecessary
thingsともできる、と室先生は言いますが、いささかくどいですね。②はbe certainを文頭にしてwheneverでつないで「〜な時にはいつでも」を表現。③はPlease do not be in doubt about 〜ingを使って「迷わず〜せよ/躊躇なく〜せよ」を表現しています。②のbe certain toと丁度反対の表現ですが、意味は同様です。
「困った時には」の部分ですが、①はWhen you are in troubleというオーソドックスな表現。困っている状態を現在形でナチュラルに表現。②はwhenever you have got into troubleと現在完了を使い、かつget intoでいかにも良くない状況に陥ってしまった感じを出して「困った状態に陥ったこと」を表現。③はcome up against=「何かにぶちあたる、何かよ
くないことにぶつかる」を使って、更にsomething troubling to you (troubling you)=「あなたを困らせている何か」なんて洒落た表現で攻めてきました。これは私の頭のどこを捻っても出てこない味わい深い語感のある表現ですね。参りました。
ちなみにtrouble(特に①のような)の部分ですが、室先生の解説によれば、troubleの前にmuchを入れれば「とても困ったら」、someならば「何かあつたら」、anyならば「ど
んな時でも、いつでも」とmuch, some, anyなどの基本単語を効かせることでバリエーションの幅を出せます。
また、③のsomething troubling youはsomething にtroubling以下が形容詞的にかかって「あなたを困らせること」になります。something troubling to youだとtroublingだけが形容詞の働きをして「あなたにとつて迷惑なこと」になります。

「(いつでも迷わずに)私のところへおいで下さい」
①come to see me (straight away)、
②(Be certain to) come to me to get my help [for my help],、
③(Please do not be in doubt about) coming to get my help、
①はseeを使うことでsee a doctorと同様に会いに行くことでいろいろ助言をもらったり支援を受けることが包含されています。②はcomeにto get my help(for my help)を付けて、「手助け」の部分を補っています。ちなみにfor my helpだけだと私が誰かを助けるのか、誰かが私を助けてくれるのか分かりませんが、そこは「文脈」で決まってきます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@
では、次の宿題です。
088「この頃は親の言うことをきかない子供がだんだん増えてくるようです。」

(了)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

fogofenglish

Author:fogofenglish
退職自衛官です。仕事を通じて英語を学びましたが、まだ掴めていませんね。Basic Englishの信者です。もう一度まじめに英語やり直し中。国際情勢のブログfog of warも覗いてみてください。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR