fc2ブログ

Basic English入門118:116「今でも人の物を盗んでやっと暮している」

20210822193603544.jpeg


116「その国では、今でも人のものを盗んでやっと暮しているような人たちがたくさんいる。」

まずは私の愚案から。
There are a number of persons who make their living at least by taking other person’s property.
「人の物を盗んでやっと暮らしている」は難しいですね。分断して各個撃破する形をとりました。「盗む」の部分はstealが使えないので「人の物を取ることで」と解釈してby taking other person’s propertyとしました。illigalyなんて入れるのもヤボなので入れませんでした。「暮らす」は「生計を立てる」と解釈してmake their livingを使ってみました。「やっと」はmake their minimum livingなんてどうよ、と思ったものの、minimumがBasicにないのでat least にしましたが、なんてちょっとトンチンカンだったかも知れません。

では室先生のBasic訳例です。
①There are still a great number of persons who are only able to go on living in that country by taking the
property of others.
②Numbers of persons in that country are narrowly living only by taking the property of others.
③There are still in that country a great number of persons who are almost unable to keep [go on] living
without taking the property of others.
いかんいかん、「その国では」や「今でも」を忘れていました。stillの使い方が上手いですね。

「(今でも)〜のような人たちがたくさんいる」
①③There are (still) a great number of persons who ...、
②Numbers of persons ...、
①③はオーソドックスにthere areで多くの人の存在を表し、②は多くの人自体を主語に置く形を取っています。Basicにはpeopleなんて基本的な語が入っておらず、これがアンチの皆さんにこき下ろされる一要因でもあります。Basicでは、より一般的に「人」を表すpersonにsを付けて「人々」としますが、a number of などの「多くの」を表す語を伴なって使われます。②のnumbers of personsというのは初めて見ました。こんなのあるの?a number of より多いぞって強調ですかね。

「人のものを盗んでやっと暮している(人達)」
①(a great number of persons who) are only able to go on living ... by taking the property of others 、
②(Numbers of persons ...) are narrowly living only by taking the property of others 、
③(a great number of persons who) are almost unable to keep [go on] living without taking the property of others、
「人の物を盗んで」の部分はtaking the property of othersです。私の愚案では、つい日本語的に「〜の」をアポストロフィsでother person’s propertyとする癖が出ました。ちなみに、室先生の補足説明に曰く、propertyは「財産・持ち物」を意味しますが、そもそも物の本質を指すそうで、これに対しqualityは物に付けられた/備わった性質を指す、とのこと。
He is testing the properties of certain substance. (ある物資の本質/実質をテストしている)
He has the qualities which make a good teacher. (良い先生になる資質を持っている)
今回の出題では「やっと暮らしている」がクセ者ですね。「やっとの事で」という微妙なニュアンスをどう出すかが難しいところです。①are only able to go on living (by 〜ing) 、②are narrowly living (only by 〜ing) 、③are almost unable to keep [go on] living without 〜ing 、といずれもbe only able to/be almost unable toあるいはbe narrowly という「可能/不可能のギリギリ感」を上手くだしてますね。only、almost、narrowly が効いていますね。
ナルホドそうやるのか。私の愚案が恥ずかしいですね。
「暮らす」の部分は、①go on living、②are living、③keep living、と表現し「暮らしていく」ニュアンスをだしています。

@@@@@@@@@@@@
では次の宿題です。
117「彼が所有している物を分けてもらえると、あなたがあてにするのは間違いです。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト



Basic English入門117:115「私が必要な本の半数近くは今では絶版」

20210822193603544.jpeg


115「私が最も必要としている書物の半数近くは今では絶版です。」

まずは私の愚案から。
Almost half of the books that I am in need of are out of print now.
やや頭デッカチなのが玉に傷ですが、「(私が)必要としている」をbe in need of で言えるだろうとの試みです。行けそうな気がするんですが。

では、室先生のBasic訳例です。
①Almost half of the books of which l have the greatest need are now out of print.
②Nearly half of the books of which l have the greatest need are not in print.
③Almost 50% of the books l have the greatest need of are out of print at present.

「私が最も必要としている書物」
①②the books of which l have the greatest need、
③the books l have the greatest need of 、
私の愚案ではthatで言っちゃいましたが、①②関係代名詞whichを使ってofが前に上がってof whichね、ナルホド。be in need ofは合ってましたね。③のように、いっそのこと略すっていう手もありましたか。更に、「最も必要とする」感を出すためにbe in greatest need ofとgreatestを付けるのか...。mostではなくgreatestなんだ。ナルホド。
室先生は、needについて詳しく補足説明しています。needは元々「不足」をNeedは元々「不足」を意味しますが、「それがなくては困るからあってほしい」⇒「必要」となりました。In need ofで不測の気持ちが強まります。
in need ofなら不足の気持が強くなります。
This plant seems to be in need of water. (どうもこの植物は水が足りないようだ/必要なようだ) 
He seems to be in need of friends. (彼は友達が不足している/必要なようだ)
l am in need of money. (私はお金が足りない/必要だ)
have need of― ,there is a need of~ なら積極的に「~が欲強い、必要だ」の語感が出ます。
There is a need of more science teachers. (理科の先生を増やす必要がある)
be neededなら「~が要る」の語感が出ます。
A man like you is very much needed in this company. (あなたのような人をこの会社で大変必要としている)
Am I needed here any longer? (私はもはや必要と)
needを名詞として使い、some, no, greatなどつけて程度を変化させることもできます。
l still have some need of this book. (この本はまだちょっと使うので…)
My needs are great in number [small in number, very simple]. (私が必要としているのは相当な数だ/大した数ではない/とてもシンプルだ)


「書物の半数近く」
①Almost half of the books 、
②Nearly half of the books 、
③Almost 50% of the books 、
と様々な言い方ができます。

「...は(今では)絶版です。」
①... are (now) out of print 、
③... are out of print (at present) 、②... are not in print 、
be out of print かbe not in printか、いずれにせよ「print状態にない」という表現が「絶版」を意味します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@
では次の宿題です。
116「その国では、今でも人のものを盗んでやっと暮しているような人たちがたくさんいる。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ

Basic English入門116:114「先生のもとで英語の訓練をうけたい」

20210822193603544.jpeg


114「先生のもとで、英語教授法の訓練をうけたいと思います。」

まずは私の愚案から。
入門114の問題112で「〜‪したいと思っている」は‬
①I would be pleased to 〜、
‪②‬I have a desire to 〜、
③I am hoping to 〜、
のような表現がありました。軽く「〜したい」という素直な希望なので①で行きますか。
I would be pleased to have a English teaching training under your direction.
「先生のもとで」の先生はteacherとするのはおかしい気がします。先生を目の前に話していると捉えてunder your directionとしました。大げさかな?

では室先生のBasic訳例です。
①I would be pleased to get trained in the art of teaching English [in a right way of English-teaching] under you.
②l have a desire to be trained by you in the way of teaching English.
③l am hoplng to have myself trained by you in the art of teaching English.
④I am going to have a training in the way of teaching English under you.
図らずも、「〜したいと思っている」の3つの表現が出てきました。

「〜したいと思っている/思う」
①I would be pleased to 〜、
②l have a desire to 〜、
③l am hoplng to have myself 〜ed、
④I am going to have 〜、
①②③は既出です。④はbe going toを使って「したい」という強い欲求をあまり前面に出さず「〜しようと思います」という淡々とした意思を言っている語感です。そういう手もありますね。

「あなたのもとで訓練を受ける」
①get trained ... under you、
②be trained by you、
③have myself trained by you、
④have a training ... under you、
私の愚案は④の流派ですね。よかった。
trainは動詞「訓練する」ではなく、あくまで名詞「列車(のように同じ物が連なっているもの)→訓練、繰り返し」を意味し、ingをつけてtraining、この名詞trainのed形などで活躍しています。get trainedはget myself trainedのことです。trainingにはget, giveが相性の良い動詞です。
I got α good training [was given a good training] at school.
trainingのほか、teachingやhearingなども give, get, letなどと組みやすい
表現です。
I’ll give you a hearing. (君の言い分を聞いてやろう)
また、trainedやtrainingにはin 〜と繋げて「〜の(訓練)」と言えます。
「貴方のもとで」は、under youだけで良いのですね。ちなみに、under youはunder the authority of you (あなたの影響のもとに)の意味です。by youと言うと、「直接あなたから」感が強調できる、とのこと。

114「英語教授法(の訓練を)」
①③in the art of teaching English [in a right way of English-teaching] 、
②④in the way of teaching English、
trained/trainingのところで前述したようにinを使っていますね。
①③はartという手できたか。ナルホド、「〜法」なんて言うときにartが便利な語です。the art of〜は持ち駒にしたいと思います。②④のwayは室先生の訳例なので通じるんでしょうけど、どうもピンときませんね。室先生曰く、artはknowledgeに対し、「身についた腕 技術」をさします。似たような語にtrickがあり、少し小手先的で「おもしろい工夫、ちょっとしたこコツ」に当ります。
This is a thck of opening it.
(それを開けるには、こういうちょっとしたコツがあるんだよね)
私の愚案でEnglish teachingとしましたが、そうしたいならハイフンを入れるべきだったのか...。

@@@@@@@@@@@@@@@@
では次の宿題です。
115「私が最も必要としている書物の半数近くは今では絶版です。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ

Basic English入門115:113「この書類で土地を使用する権利ができた」

20210822193603544.jpeg


113「この書類で、あなたはこの土地を使用する権利ができました。」

まずは私の愚案から。
Now, you get a right to be the(a) user of this land with this paper.
「権利ができました」という問題文に固執せずに、「貴方はこの紙で権利を今得たよ」という感じの文にしました。土地の使用権の部分は「userとなる権利」(唯一の使用者ならthe、共同使用者ならa)としました。さて、室先生はどうくるでしょう。

では室先生のBasic訳例です
①These signed papers have given you the right to the use of this bit of land.
②Now you have the right to the use of this part of land because of this statement based on the law.
③Now you have the right to the use of this part of land on the authority of these papers [this statement].
Now you getは当たってましたね。この考え方で合っている訳ですね。しかし、室先生の訳例を見て自分の作案の配慮のなさを痛感します。単純にthis landとしたりthis paperとしたところはちょっとした工夫が必要なんですね。

「この書類で、あなたは...することができる」
①These signed papers have given you ...、
②Now you have .... because of this statement based on the law.、
③Now you have ... on the authority of these papers [this statement].
①はpaperを主語にしてgiveと現在完了で「Youに...を与えた」、②③はYouを主語にしてNow you haveで表現しています。私の愚案getでも通じると思います。ちなみに、①の現在完了について、室先生曰く、「過去に理由や原因があったために生じた現在の状態」を示し、この例の場合は「だか
ら今、権利がある」ということです。
paperは今回、ただの紙ではなく何かの重要文書・重要書類です。室先生はThese signed papers、this statement based on the law、these papers [this statement]、としています。ナルホド、こういう感じで表現するとそれらしい文書の重さが伝わりますね。Basic縛りがなくばdocumentsなんかがピタリなんでしょう。この辺の配慮なくthis paperとした愚案はお恥ずかしい限り。室先生は次のようにpaperについて補足しています。....paperは素材としての「紙・新聞」など、とても広い意味の語ですが、papersとすると「書類」になります。日本語の「書類」は他に、writing(書いたもの)、statement(声明、陳述、申し立て)などを使ってまわりの語とからませるとよいでしょう。なおsentenceは文法で使う定義用語で、statementとは異なります。...

「この土地を使用する権利」
①the right to the use of this bit of land 、
②③the right to the use of this part of land、
bitかpartの違いこそあれ、これまた私の愚案では配慮の足りない部分でした。a bit ofは聞いたことはあっても中々身近ではお目にかからない言葉ですね。室先生の解説は次の通りです。... bitはbiteと語原が同じて、「ある使用目的のために全体からとったその一部分」のことで、pieceより小さいようで必ずしも小さいとは限りません。とても大きなものから取った一部でもOKです。partはbitのように噛み切ったものではなく少し広々しらイメージです。a bit ofの用例: 抽象名詞にも物質名詞にもよく使われます。
a bit of chalk
a bit of Paradise Lost(「失楽園」の一部分)
a bit of doing
a bit of one's mind ...

@@@@@@@@@@@@@@@@
では次の宿題です。
114「先生のもとで、英語教授法の訓練をうけたいと思います。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Basic English入門114:112「‪明日お会いしたいと思っ‬ている」‬

20210822193603544.jpeg


112「‪明日の午後お会いしたいと思っております。」‬

‪まずは私の愚案から。‬
‪I am going to see you tomorrow afternoon.‬
‪中学英語です言えますが、室先生のワナが何か仕掛けてありそうですね。‬

‪では室先生のBasic訳例です。‬
①I would be pleased to see you sometime after twelve tomorrow.
‪②‬I have a desire to see you tomorrow in the later part of the day.
③I am hoping to see you some time after the middle of the day tomorrow.
やはりワナがありました。「〜と思っている」とnoonがBasic850語にないので「明日の午後」をどう表現するか、という問いだったようです。noonやeveningなんてあるものと思って確認しませんでした。

「〜‪したいと思っている」‬
①I would be pleased to 〜、
‪②‬I have a desire to 〜、
③I am hoping to 〜、
私の愚案では、日本語的に「〜‪したいと思っている」はbe going toでいいと考え、敢えて「したいと思う」とか逐語訳しなくていいと割り切っていました。室先生の題意はそこを表現せよというものでした。‬
要するに「I want to〜をBasicで言うと何?」ということですね。
②はちょっと自分の口をついて出る表現としてdesireは抵抗があります。①③は持ち駒表現に出来そうです。特に①はwouldがいい味出してますね。室先生は次のような補足説明しています。.... wouldを使うとifの「もしよろしければ〜」の語感がでます。「〜したい」という日本語も解釈によりいろいろバリエーションがあり、相手の意思を確認したい場合には①のようにwouldを使うとシックリ来ます。他方、②のようにI have a desire to〜と言うと、自分の意思・希望を述べる語感になります。.... ちなみに、③のhopeは前問で述べたように、hope自体が希望的観測の見通しなのでI am hoping to〜だと「無理かな、出来たらいいな」、I have a hope to〜だと「出来たらどんなにいいだろう」という語感です。

「明日の午後‪」‬
①sometime after twelve tomorrow、
‪②‬tomorrow in the later part of the day、
③some time after the middle of the day tomorrow
noonはBasic850語にないので、回りくどいですがBasic850語の中で表現するよう頭を絞りましょう。この英語勉強法の中でも最小限の語彙850語というBasic縛りがあるが故に、アンチの方々にはボロカスに批判を受けますが、私はこれは英語の体幹を鍛えるコアトレなのだと割り切っています。850語をフルに使う英語トレーニングをすることで、英語運用能力の深層筋肉を鍛えましょう。

@@@@@@@@@@
では、次の宿題です。
113「この書類で、あなたはこの土地を使用する権利ができました。」

(了)


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

fogofenglish

Author:fogofenglish
自衛隊OBです。Basic Englishは基本単語850語だけで表現する英語の足腰を鍛えるコアトレです。自衛隊時代にPKOや日米共同訓練はBasicで乗り越えました。切れる英語です。退職後に英語やり直し中。 国際情勢のブログfog of warも覗いてみてください。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR